寄り添う姿がキュート!ハムスター多頭飼いマニュアル

複数匹のハムスターを一緒のケージで飼育することを多頭飼いと言います。

ハムちゃん同士がくっついて寝たり、互いの毛繕いをしあったり、一緒に回し車で走ったり。

わちゃわちゃ感が可愛いハムスターの多頭飼い。

多頭飼いとはすなわち、ハムスター’sハーレム。

皆のあこがれ多頭飼い。

今すぐLet’s TRY!!!

 

と、言いたいところですが、実は多頭飼いはとっても難しいです。

多頭飼いというのは、ハムスターを飼った事がある方にとってもなかなかハードルが高いです。

多頭飼いを実現するためには、それなりの準備と注意が必要です。

 

今回は、多頭飼いを実現するために必要な情報を共有します。

しっかりと準備して、魅惑の多頭飼いを始めましょう。

 

多頭飼いをするとき3つのコツ

 

通常、ハムスターは一匹狼で群れません。

なので、一匹にひとつのケージで飼うのがセオリー。

複数匹を一緒にしてしまうと、ケンカしちゃいます。

しかも、ハムスターのケンカは「軽くじゃれあっている」というレベルではありません。

文字通りの死闘を繰り広げます。

 

参考動画↓

出典:youtube

 

これじゃ多頭飼いなんてムリじゃない!と、あきらめてはいけません。

ハムスターは種類や個体によって性格が異なりますので、多頭飼いに向いてる種類を選びましょう。

 

1.多頭飼いをしたいなら、“ロボロフスキーハムスター”を選ぶ。

 

基本的にハムスターは、1匹につき1つのケージで飼わねばなりません。

ですが、どうしても多頭飼いしたいという方は、ロボロフスキーハムスターを選んでください。

ロボロフスキーハムスターは、多頭飼いをしても比較的に問題が起きにくいです。

 

その他の種類のハムスター、特にゴールデンハムスターは、絶対に一緒のケージに入れてはいけません。

彼らはめちゃくちゃ縄張り意識が高いので、とてもケンカをしやすいです。

この場合のケンカとは、そのまま殺し合いです。

ですので、オスとメスの繁殖の時以外は、ハムスター同士を絶対に会わせないようにします。

 

鼠家ぽてと
ワタクシはゴールデンハムスターなんですが、ケージの外も気になってしかたありません。よそ者がいないか、ベッドやソファもきっちりパトロールします。

 

2.多頭飼いをしたいなら、“子供のころから一緒”のハムスターを選ぶ。

 

皆さんもペットショップで、ひとつのケージに数匹のハムスターを入れているのをご覧になったことがあるかと思います。

もちろんゴールデンハムスターなどの多頭飼いに向かない種類のハムスターも、数匹を同じケージに入れて販売しています。

そんなことが可能なのは、生後間もないハムスターだからなのです。

ハムスターは、大人になるにつれてどんどん縄張り意識が高まり、一緒になるとケンカをするようになっていきます。

ですので、大人になってから出会ったハムスター同士は、相手を警戒してしまって仲良くできません。

多頭飼いの場合は、子供の状態で仲良くしている子たちを、一緒に飼いましょう。

 

3.多頭飼いをしたいなら、メスのハムスターを選ぶ。

 

多頭飼いをする場合、同じケージで販売されているメス同士を選ぶのがセオリーです。

特に、同時に生まれた姉妹のハムスターが良いです。

 

実は、縄張り争いでバチバチに火花を散らすのは、圧倒的にオスのハムスターです。

オス同士を同じケージに入れると、一触即発になります。

ですので、多頭飼いをする場合は、メス同士を選択しましょう。

 

多頭飼いをするときに注意すべきこと

 

1.オスとメスは一緒にしない。

オスとメスのハムスターを一緒のケージに入れてしまうと、あっと言う間に繁殖します。

文字通りねずみ算式に増えます。(ハムスターはネズミの仲間です)

繁殖を望む場合でも普段はオスとメスを必ず分けて、繁殖の時だけ会わせるようにしましょう。

無計画な出産を繰り返すと数が増えて大変なだけでなく、母ハムスターの身体に多大な負担がかかってしまいます。

ハムスターの出産は、小さな身体なのに多産なので、とてもリスクが高いです。

必ずオスとメスはケージを分けて飼育しましょう。

 

2.先住ハムスターがいるケージに、途中合流させない。

ハムスターは通常は縄張り意識の強い、群れない動物であるということを忘れてはいけません。

そんなハムスターを複数同じケージに入れる場合は、子供の時から一緒にいて、慣れている子たちを選びます。

つまり、ペットショップで購入する時点で同じケージに入っている子同士を連れてきます。

もし、先にハムスターを飼っていて、あとから追加したいと思っても、絶対に同じケージに入れてはいけません。

特に、大人のハムスターのところへ、子供のハムスターを入れたりすると、血を見ます。

やめてくださいね。

 

3.いつケンカしてしまっても対応出来るようにしておく。

組み合わせを考慮して、それでもなおケンカしてしまうこともあります。

そうなってしまったら、多頭飼いは断念するしかありません。

もしケンカを始めたら、ハムスターが大怪我をする前に別々のケージに分けてあげる必要があります。

1匹づつにケージを分ける可能性も考慮し、飼育用具も2セット用意し、スペースも確保した上で、飼育をスタートしてください。

 

無計画に多頭飼いをスタートした結果、ケンカしたけどケージを分けてあげるスペースや費用がない。

そのまま、ケンカを傍観するしかなく、殺し合いになってしまった。。。

 

なんてことは、絶ッッッッッッッッ対にあってはなりません!!!

ハムスターは小さくとも、命の重さは人間と同じです。

無計画な飼い主のところに行ったせいで命を落とすハムスターが少しでも減ってほしい。

その願いを込めてこのページを作成しています。

このサイトを読んだ飼い主さんは、絶対にハムスターを大切にできる人になってほしいと思います。

 

大変だけどとっても魅力的な多頭飼い

 

ハムスターの多頭飼いは大変なことがたくさんあります。

でも、多頭飼いのハムスター達が見せてくれる愛らしい仕草は何ものにも替え難いものです。

しっかり学び、ちゃんと準備した上で、多頭飼いにトライしましょう。

ハムスターを飼う前に知る事カテゴリの最新記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status