いざ病気になって困る前に!かかりつけ医を見つける定期健診ノススメ

いざ病気になって困る前に!かかりつけ医を見つける定期健診ノススメ

突然ですが、皆さんは定期検診や人間ドッグには行きますか?

かかりつけの病院はありますか?

「病院?まぁ、具合が悪くなったらテキトーなとこに行くわ」

なんて、ないがしろにしている方や、病院が大嫌いで

「どんなに具合が悪くなっても病院には行かないんだ!絶対だ!」

なんて方もいらっしゃると思います。

でもそんな飼い主さんであっても、ハムスターのためのかかりつけ医はみつけておきましょう。

ハムスターは身体が小さいこともあり、何かの病気など具合が悪くなってしまうと、進行がとても速いです。

また、ハムスターを診られる病院とは実はとても少ないのです。

なので具合が悪くなってから慌てないように、事前に病院をみつけておくことが大切です。

先にかかりつけ医を見つけておいて、安心して生活できるように準備しておきましょう。

 

目次

元気なうちに病院へ!かかりつけ医が必要な理由と探し方

ハムスターを飼う際には、絶対にかかりつけ医を見つけておかなければなりません。

人間であれば、しんどくなってから病院を探してもいいかもしれませんが、ハムスターの場合はそうできない2つの重大な事実があります。

1.ハムスターは「診てもらえる病院が少ない」という事実

「近所に動物病院があるから大丈夫!」

なんてタカをくくっていると危険です。

実は、全ての動物病院がハムスターを診察してくれるわけではないのです。

「動物病院」と銘打つ病院はたくさんあります。

しかしその実態は犬猫病院。つまり、犬と猫しか診れないんです。

あまり知られていないことなのですが、獣医さんが獣医学科で勉強するのは、コンパニオンアニマルと呼ばれる種類で、

  • 牛や豚や馬といった畜産動物
  • 犬と猫

たったこれだけなんです。

コンパニオンアニマルと区別し、普通の動物病院では診てもらえないのがエキゾチックアニマルと呼ばれる種類。

ハムスターを含むエキゾチックアニマルは、診療の経験がない知識がないといった理由で診てくれない動物病院がたくさんあります。

 

エキゾチックアニマルについての知識は、獣医学科に在学中にはほとんど学ぶことがありません。

そのため、診察できる知識を持った獣医師の絶対数が少ないです。

そして、ハムスターはエキゾチックアニマルの中でも特に診察が難しい動物です。

身体が小さく臆病な性格のハムスターは、適切な設備や技術がない獣医さんでは診れません。

ですので、ハムスターを飼う際には、必ず事前に診てくれる病院を探しておきましょう。

 

2.ハムスターの触り方を心得ている獣医は少ないという事実

ハムスターを診療できる病院がみつかったとしても、そこにいる獣医師が必ずしもハムスターの触り方を熟知しているとは限りません。

知識だけ学んでいて、診療経験は無し。しかし、その段階で「診察できる」としている場合があります。

このような場合、その獣医師がハムスターの触り方を心得ておらず、ハムスターに多大なストレスがかかってしまう場合もあります。

ハムスターが怪我をしたり、何か様子がおかしい時に、そういった病院に行ってしまっては危険です。

ハムスターが殺されることもあります。

そういった事態を避けるために、動物病院は事前に試しておきましょう。

 

元気なうちに「お試し」で行ってみよう

想像してみてください。

あなたの大切な家族であるハムスターが何かの病気になってしまったり、何か怪我をしてしまいました。

血を流していたり、痙攣していたり、瞼を閉じたっきり動かなくなっていたり、とても危険な状態です。

そんなハムスターを連れて駆け込んだ一軒の動物病院。

出てきた先生は、ハムスターの診察経験が少なく、ありえない触り方をしたり、誤診してしまったり……。

ただでさえ弱っているハムスター。

結局、獣医師が与える恐怖に耐えられず、診察中に死亡してしまいました……。

 

ハムスターがあまりにも可哀そうです。

でも、これはたとえ話ではなく、実際に発生している事実です。

とても悲しいですが現実です。

 

そんなことになったら、後悔してもしきれません。

万が一の事態になる前に、ちゃんとハムスターを診てくれるかかりつけ医を探してさえいれば……。

そんな自責の念にあなたはいつまでも苛まれることになります。

 

そんなことにならないために!

 

ハムスターが元気なうちに、健康診断や爪切りなどで病院を試しておきましょう。

行った先の獣医さんがハムスターに慣れているか、ちゃんと見極めておく必要があります。

特に、爪切りをしてもらうのが良いです。

爪切りは、ハムスターの保定の仕方やハムスターの扱いなど、獣医師のハムスターへの慣れ具合が見えやすいので、試すのに最適です。

 

ハムスター自身も病院や獣医に慣れていると安心して治療を受けられる

ハムスターをお迎えした最初の日を思い出してください。

ハムスターは飼い主さんのことを怖がりましたよね?

飼い主さんも最初は1週間くらいかけてじっくり仲良くなっていかれたことと思います。

そんな臆病なハムスターが、慣れない場所にいきなり連れてこられて、初対面の獣医師に触られたりすると、やはりどうしても警戒してしまったり、緊張をしてしまったり、多大なストレスがかかってしまいます。

たまに病院嫌いの人が検査する時など、慣れないことに緊張してしまって心拍数や血圧が異常な数値で出てしまうことがあります。

それと同じようにハムスター自身がリラックスしていないと、正しい診断が出来なかったり、症状が分からないこともあります。

それに、ハムスターがリラックスしている方が治療もスムーズです。

ハムスターに病院に行くという行為に慣れてもらうためにも、また、獣医師に触られるということに慣れてもらうためにも、普段から定期的に病院へ健康診断等に行く方が良いです。

 

病気の早期発見など、定期健診はいいことしかない

定期健診を受けるメリットはたくさんあります。

 

  • いい病院かよくない病院か判断できる
  • 病気やケガの早期発見がしやすい
  • ハムスターが病院や獣医さんに慣れておけば、万が一の際にも落ち着いて診てもらえる

 

ハムスターは外敵に狙われないために、病気や怪我をしても隠す習性があります。

でも、経験豊富な獣医師であれば、飼い主さんが気をつけて見ていてもなかなか気がつかないような病気やケガを見つけてくれる場合があります。

命の危険があるような重大な怪我や病気も、早期発見で死を免れることが多々あります。

早期発見のおかげで、重大な手術をせず投薬治療で対処できたり、病気の進行を止めたりできる事も少なくありません。

ハムスターの小さな身体にメスを入れるのは非常に負担が大きいです。

また、ハムスターが上手に病気を隠していた場合に、わかった時には既に手遅れ状態、なんて事も実際あります。

そんな悲しい事態を少しでも減らせるように、定期健診は受けておきましょう。

 

鼠家ぽてと
慎重派のワタクシはあんまり知らないところに行ったり、知らない人に触れるなんてイヤです。

病気の時ならなおさら慣れた先生じゃなきゃイヤです。ドキドキしてしまいますからね。

爪切りとか定期検診で予行演習してくれると慎重な性格のワタクシも少しは安心です。

あ、ちなみにワタクシは、生まれてからまだ一度も病気や怪我では病院に行ったことのない、元気いっぱいの健康優良ハムスターですよ

 

かかりつけ医を探す方法。良い病院の4つのポイントとは?

現代はとてもインターネットが発達していますし、口コミも探しやすい良き時代です。

しかし、実際のところはやはり自分の目で、そしてハムスター自身の目で確かめる必要があります。

ただでさえ少ない動物病院を探す方法や、良い病院かどうかを判断するための注意点を覚えておくことは大切です。

 

ネット検索だけじゃ甘い!ダブルチェックやトリプルチェックで徹底的に確認しましょう。

病院を探す!となった時に、使えるのがインターネット。

あなたももちろん目の前のインターネットを使うことでしょう。

やはり調べ物にはネットが便利です。

ネット上には様々な口コミ情報があり、実際の利用者の声を聞くことができます。

しかしそこには落とし穴があります。

口コミを見るときは、1つのサイトの1つの口コミだけを鵜呑みにして早合点してはいけません

投稿者の勘違いで、別の病院の口コミを投稿している場合もありますし、悪意ある投稿者がウソの情報を書き込んでいたり、関係者がサクラを雇っていい書き込みをさせている場合もあります。

ネットの口コミとは良くも悪くもそういう情報であふれています。

ですので、口コミサイトをチェックするときは、複数のサイトでよく確認しましょう。

そして、その病院に直接電話をかけて質問してみましょう。

1件の口コミ情報だけを信用せず、ダブルチェックやトリプルチェックをしてみるとよいです。
問い合わせ
 

いい動物病院を見極める4つのポイント

動物病院へは、実際に行ってみないとわからないことってたくさんあります。

行った先の病院の良し悪しを見極めるポイントは、以下の4つです。

ポイント1.触診ができる病院

実はハムスターは腫瘍ができやすい動物です。

腫瘍は身体のいたるところにできます。

中には、目視だけの検診では腫瘍が分からない時もあります。

そこで、目で見るだけではなく、身体全体を触って異常がないか確かめる触診ができる獣医師が居る病院を探しましょう。

触診が出来る病院(獣医師)はハムスターに慣れていますので、抑えておくべきです。

 

ポイント2.治療や手術が出来る病院

ハムスターは身体が小さいので、手術が難しい生き物です。

ハムスターを診れると言いながら、スキルや経験不足のために「ハムスターは定期検診のみです。」なんて病院もざらにあります。

そういう病院では、いざという時に治療や手術が受けられず、駆け込んだとしても、よその病院を紹介されてしまいます。

別の病院に移動している間にもハムスターは衰弱していく……なんて自体は避けなければなりません。

なので、ちゃんと治療したり手術出来る病院を探しましょう。

見つけ方は簡単。先生に聞くだけです。

「こちらでは治療を受けたり、手術をしていただくことは可能ですか?」と、ビビらずに聞きましょう。

中には、「そんなこと聞いちゃ病院や先生に失礼だし」なんて変な気の使い方をして聞かずにおく人もいます。

しかし、病院側も有事の際に病気やケガをしたハムスターを連れてこられたとて、治療や手術は出来ないのです。

 

また、ハムスター的にも知っている先生の方が安心できます。慣れは大切です。

いざという時に、普段から診てもらっている先生に治療や手術をして貰える方が、飼い主もハムスターも安心ですので、ここは絶対に抑えておきましょう。

 

ポイント3.治療の方針を説明してくれる病院

治療の際、何の説明もないまま、ただ事務的に進めていくという病院や先生がいます。

そんな状態では、飼い主としては心配でならないと思います。

やはり、ハムスターが現在どのような症状なのか?

どのような薬でどのように治療をするのか?

使用する薬の効果や副作用はどのようなものなのか?

こういったことをちゃんと説明してくれる獣医師であれば、信頼できでしょう。

実は、ハムスターは飼い主さんのことをしっかり見ています。

飼い主側が不安やストレスを感じていた場合、ハムスターもそれを肌で感じ取ってしまいます。

逆に飼い主さんが治療方針に納得し安心していれば、ハムスターの方も不安やストレスが少なく、自分の治療に専念出来ます。

こういったメンタルな部分というのは病気やケガの治療にはとても大切です。

なので、ちゃんと治療の方法などを説明してくれる病院かどうかも、しっかりと抑えておきましょう。

 

ポイント4.治療費が明朗な病院

ハムスターを飼う前に知っておくべきことの一つに、ハムスターの治療費は飼い主さんの全額負担になるという事実があります。

 

実は、動物には人間のような健康保険制度はありません。

世の中には、ペットの保険を取り扱っている保険会社もありますが、ハムスターを適用してくれるペット保険は、ごくわずかです。

そのため、結果的に保険に加入していないハムスターが多いです。

 

ですので、ほとんどの場合ハムスターの医療費は飼い主さんの全額負担になります。

治療を実際に受ける際に治療費について相談しやすい獣医師であれば安心して治療や通院する事ができます。

 

ハムスターを実際に病院に連れて行く時ってどうしたらいいの?病院に行く時の5つの注意点

ハムスターは環境の変化にとても弱く、敏感な生き物です。

ただでさえ弱っている状態のハムスターを病院に連れていくこと自体が少なからずリスクがある行為です。

そのため、病院に連れていく際には、以下の5つの注意点を守りましょう。

 

1.普段よくお世話をしている人が連れて行く

当たり前ですが、ハムスターは病院に行っても獣医師に自分の病状を話す事は出来ません。(Dr.ドリトルなど存在しません)

どんなに経験を積んだ獣医師であっても、普段の様子を知らずいきなり現状のハムスターの身体を見ただけで問題点を全て見抜くのは難しいのです。

そこで、普段のハムスターの様子一番知っている飼い主さんが連れて行き、ハムスターの普段の様子との違いを
獣医師に代弁してあげる必要があります。

 

ここで、悲惨な事例をひとつ紹介しておきます。

 

ハムスターを飼っているのは娘さん。

普段は彼女自身の自室(子供部屋)で頑張ってお世話をしているため、お母さんはハムスターの様子を知りません。

そんなある夜のこと、「ハムスターの様子がおかしい」と娘さんが訴えてきました。

そこで、翌日の昼間(娘さんが学校に行ってる間)に、お母さんがハムスターを病院に連れて行くことにしました。

獣医さんはお母さんに聞きます。

「この子は普段ご自宅でどんな様子ですか?」

ところが、聞かれたお母さんはハムスターの普段の様子を知りませんので、上手く答えることが出来ませんでした。

そのため、診た獣医さんにもハムスターの何がどうおかしいのかよくわかりませんでした。

結果的に、せっかく病院に行ったのにも関わらず、ハムスターは正しい診察を受けることが出来ませんでした。

 

そして後々、誰がどうみても様子がおかしくなったハムスターを再度病院に連れていくも、すでに手遅れ。

ハムスターはそのまま短い生涯を終えることになりました。

 

 

誰も救われない、あまりにも可哀そうな話です。

そんなことにならないために、ハムスターのことを一番わかっている人が病院に連れて行きましょう。

そして、気になることはすべて事細かに獣医さんに伝えましょう。

2.飼い主が未成年の場合は大人も同行する

病院に連れて行く飼い主が未成年の場合、特にまだ小さいお子さんの場合などは、治療内容を理解できないことがあります。

また、重大な疾患で、治療の同意書にサインするような場合もあります。

そんな状態の時、未成年者だけでは病院が治療を断る場合もあります。

最初から大人が同行していてすぐ治療すれば間に合ったのに……なんてことが無いように、未成年の飼い主の場合は必ず大人も同行してあげてください。

 

3.診察に役立つものを持参しよう

ハムスターの状態を獣医師に説明するときに、あれば役立つものがいくつかあります。
下記のような物を持参すると獣医師にハムスターの様子が伝わりやすいので、常日頃準備しておき、いざという時には持参するようにしましょう。

持ち物1.飼育記録(お世話ノート)

獣医さんは診察するハムスターの普段の様子を知りませんね。

そこで、普段の様子を記した記録があれば、健康な時と現状の比較がしやすくなります。

毎日記録しておき、いざという時にはこのノートを獣医さんに見せると良いです。

持ち物2.排泄物

人間も健康診断などの際には検尿や検便を行いますね。

ウンチやオシッコは、ハムスターの健康状態を知るバロメーターになります。

病院に連れていく際、もし新鮮なものがあるようなら一緒に持っていきましょう。

中には、ウンチやオシッコが出なくなる疾患もあるので、そんな時は新しいものが出るのを待つ必要はありません。

無い時には、病院に行くことを優先しましょう。

 

持ち物3.いつも食べているフード

ハムスターに起きている症状の原因が食べた物にある可能性があります。

医師に尋ねられた時に実物を見せて説明できると、口頭で説明するより確実に伝わることもあるので、あれば一緒に持参します。

また、普段は与えない物を与えて異変が起きたと感じたのであれば、それも持って行くと良いでしょう。

持ち物4.床材

症状によっては床材によるアレルギーなどの判断をする場合に役立ちます。

また、血がついた床材を発見した時は、その血のついた床材も全て一緒に持っていきます。

出血量の把握や原因の特定に役立つことがありますので、慌てずに落ち着いてケージ内なども見ましょう。

 

病院へ連れていくときに注意すること

怪我や病気の場合は、ただでさえ敏感なハムスターが弱っていますので、特に注意が必要です。

もしもの時に慌てないように、この記事を参考に必要な準備はいつでも整えておきましょう。

キャリーで静かに運びましょう

普段のケージのまま運搬するのは、ケージの大きさを考えると非常に難しいです。

また、大きなケージのまま運搬すると、振動で中のハムスターが転がってしまって衝撃で怪我をしてしまう場合もあるので、適度な大きさの移動用キャリーを使いましょう。

このキャリーの中に普段過ごしているケージの中の床材を少し入れて、ハムスターを入れてあげます。

自分の匂いがする床材を入れることで、新しい床材よりもハムスターが落ち着くことができます。

また、給水ボトルが付いているタイプのキャリーもありますが、ついてない場合がほとんどなので、水分補給用の野菜を一緒に入れてあげます。

↓人気のキャリーはこちら

キャリーをそのまま持ち運ぶと景色がどんどん変わってハムスターが落ち着かずストレスになるので、キャリーごと紙袋に入れて、あまり揺らさないように静かに運搬します。

 

暑い時期は保冷剤を忘れずに入れてあげましょう

暑い時期の通院は、冷たい空気が下にたまるのを利用してキャリーの上にタオルで巻いた保冷剤を乗せてあげましょう。

水分補給用の野菜も多めにしてあげると安心です。

 

寒い時期はホッカイロ+タオルで防寒対策しましょう

寒い時期の通院は、キャリーの底の一部にホッカイロなどを敷いて、全体をタオルで包んで寒さ対策してから紙袋にいれてあげます。

その際、カイロが熱くなりすぎた時の逃げ場がなくなってしまうので、底全体にホッカイロを敷いてはいけません。

ハムスターの逃げ場所はしっかりと確保しておきましょう。

 

鼠家ぽてと
人間もハムスターも、いざという時のためにかかりつけの病院があると安心です。

良い病院を見つけて、キャリーで安全に運んでもらえるとワタクシたちも安心できるのでございます。

それから、飼い主さんの病気がワタクシたちハムスターにうつる事もあります。

ハムスターは人間の風邪が感染る珍しい動物なのです。

ですので、飼い主さんたちも定期健診して健康体でいてくださいね。

「病院嫌い!」とか言わずにね!お願いしますよ!

ハムスターを飼う前に知る事カテゴリの最新記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status